アザレア音楽祭
協賛のお願い
鳥取県民の皆さん!
 鳥取県のクラシカル音楽家の育成にご支援ください!
「文化芸術を愛好する」篤い心意気で、
アザレア音楽祭2019を支えてください!

アザレア音楽祭実行委員会

アザレア音楽祭2019ご協賛のお願い

  

 これまで鳥取県には、地元在住音楽家を支援し、育成する仕組みが希薄でしたが、この度、全県を対象とした音楽祭を開催することになりました。久しく「アザレアのまち音楽祭」として音楽文化の推進を担って来た音楽祭を、より全県規模の文化活動団体として再出発させることになりました。これを機に音楽祭の名称を「アザレア音楽祭」と改称し、更に盛り上がる音楽祭を目指して頑張りたいと誓っています。
 地元(山陰)在住の音楽家を支援し、共に音楽の喜びを分かち合う事をコンセプトとしたこの音楽祭は、演奏家はもとより、その音楽を鑑賞する県民の心を豊かにし、潤いのある市民生活が得られることを望んでいます。
アザレア音楽祭がこれまでの長期間にわたり、多くの市民・企業の皆様よりいただきました浄財によって運営が可能であった事に深く感謝し、更なるご支援をお願いするものです。
 アザレアのまち音楽祭では、皆様方からの協賛金の確保が難しくなり、現状は150件程度にとどまっています。又、最も大きかった資金源である県内企業様からのスポンサー契約が50%以上激減した現実があります。次年度のアザレア音楽祭では、是非とも十全の浄財担保を達成しなければと願っています。どうぞ、皆様方のご支援ご協力をいただき、必要最低限の協賛金確保を実現させていただければ幸いだと思います。
 2019年度は、オープニングに、オペラ「ヘンゼルとグレーテル」のオーケストラとして大好評であった「アザレア室内合奏団」の核となったバロックオーケストラが登場します。そして、バッハのピアノ協奏曲をはじめ、モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」全曲演奏など、よりハイレベルの音楽鑑賞が約束されています。今年度のコンサート出演者は、県内で人気実力ともに最高な演奏家が目白押しです。中央依存を廃するアザレア音楽祭ですが、新しい刺激も必要であり、県内出身のプロ演奏家の招聘も更に増やし、アザレア音楽祭全体の音楽的なレベルの高さを確保したいと考えています。
 しかしながら、県民の皆様のクラシカル音楽への愛聴度は低く、専門教育を受けた素晴らしい音楽家が県内に沢山遍在していることを知ってほしいのです。そして、県内の音楽家たちを支援し、育成し、やがて敬愛して頂けるルーティーンを作り上げたいと思います。その具体的な手立てが「アザレア音楽祭」なのです。しかし、支援して頂く貴い行為の認識は未だ低く、県民からの浄財が減少傾向にあります。クラシック音楽というマイナー(本当はメジャーなのですが)な音楽環境では、未だ組織が自立するだけの力量はありません。県民の皆さんのご理解とご支援が得られれば、芸術文化の振興は格段の向上を見ることになります。それでも多くの心ある支援者の皆様のご協力で、よく健闘しているのではないかと自負しています。恒久的なアザレア音楽祭を作り上げるには、どうしてもこれまで以上に多くの皆様からご賛同をいただかなければなりません。多くの皆様から、篤い支援とご協力を仰ぎたいと願っています。


つきましては、多くの皆様に、「アザレア音楽祭」の趣旨をご理解いただき、協賛者としてご支援くださいますよう心からお願い申し上げます。


T 協賛金    一口5,000円

U 特 典   @音楽祭総合リーフレットにお名前を掲載し、感謝の意を表します。
          Aアザレア音楽祭2019主催のコンサート全てに有効なパスカードを進呈します。
          Bオープニング・コンサートへご招待いたします。

V 送金先    ご支援いただけますかたは、下記の事務局まで連絡を下さい。
           直接の振込みをしていただけます場合は下記の口座にお願いします。

         ○山陰合同銀行 倉吉支店 普通預金 067‐3674098
            アザレアのまち音楽祭実行委員会 会長 計羽孝之


W 音楽祭予定  2019年度は、5月12日(日)のオープニングから同年6月16日(日)まで開催します。
            
※お問い合わせなどは、下記のアザレア音楽祭2019事務局まで
事務局
〒682-0817 鳥取県倉吉市住吉町77−1 リフレプラザ内
TEL(直通) 0858‐23‐6095

E-mail : figarofigaro@do4.enjoy.ne.jp