倉吉 アザレアのまち音楽祭
2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011
リサイタルシリーズ2015 公演記録
多くのご来場ありがとうございました。

リサイタル当日の様子&アンケート・コメント

満足度
大変満足 78.0%  満足 22.0%  普通4.0%  不満0%  とても不満0%

  

○とてもすばらしかったです。声もきれいでボリュームもあり笑い顔がとてもにこやかで最高でした。うっとりして聞きほれてしまいました。音も良く響き、初めて聞かせていただきました。70歳代(女性)
○きれいな声とかろやかなピアノでとてもよかったです。とてもよかったです 70歳代(学生)
○今日のコンサートワクワク・ソワソワ心まちにしておりました。素晴らしい演奏をありがとうございました。迫力のある演奏に色々すばらしいという言葉しかでてきません。 第1部の3曲目とアンコールの1曲に胸が熱くなり、涙があふれそうになりました。アンコールも3曲演奏していただき本当にありがとうございました。アンコール2曲目と3曲目が終ったときおもわずブラボーといって、盛大な拍手を送りあした。50歳台(女性)
○素晴らしい舞台、歌声、立ち姿も素晴らい  70歳代(女生)
○素晴らしい歌声に大満足です!! 60歳代(女性)
○感動で、涙がでました。   60歳代(女性)
○表現力、歌唱力素晴らしい!!  若きホープ頑張れ  70歳代(男性)
○今までは、いつもものたりなくて、もっともっと聴きたいと思っていましたが今回は、しっかり聴けて満足です。声、も感情表現も凄いですね。涙が出るほどひきこまれました。本当にありがとうございました。機会がありましたら是非聞かせてください。それにしても凄い声量ですね。60歳代(女性)
「魔笛」でのはつらつとしたステージを聴いて、今日はとも楽しみにしてきました。一昨年のアザレアにお名前がないのは、残念です。二期会で活躍されるのでしょうか。ステージ全体で響鳴箱にして、全面で声が迫ってきました。ピアノの前に立って、物語りに入っていく姿がいいです。短時間の間に物語りを演じきっている感じでした。ピアノのサポートにも感謝!!   50歳代(女性)
○聴くたびごとに力をつけて魅力がどんどん増して。清らかな声で小じんまりというタイプでは、なく、深さも計りしれず、広がりもさらにまして、とても強い信念を与える歌手に成長なさったとおもいます。歌のよさ、感性の柔軟さを思わせます。益々大きくなってください。  60歳代(女性)
○大変感激しました。  うまい!!!   70歳代(女性)
○本当にすばらしかったです。大変満足いたしました。しっかりファンになりました。またの演奏会を楽しみにしています。   60歳代(女性)
○これまで聴いてきた日本の女性歌手のなかでは、飛びぬけて美しい声質と豊かな声量を持ちそのうえに立ち、しっかりした表現力を持った演奏であるとおもいました。本日の歌曲は、その曲にこめられた作曲家の思いが日本人の感覚とかなり異なり、理解し共感することが難題とおもっておりましたが、塩崎さんの演奏を聴くうちに、彼女が共感する部分については、よく感情が伝わってきた。日本歌曲にもつねに楽しむ人、これから益々のびて日本を代表する歌手になられるように  70歳代(男性)





塩崎めぐみメゾソプラノ・リサイタル
ピアノ 兼田恵理子



期 日 2015.12.6(日)14:00開演

会 場 倉吉未来中心小ホール

入場料 2,000円 一部指定席


プログラム

第一部

[1]レスピーギ作曲
 1.6つの抒情歌 第1集より
   欠けていく月の半円が
   雨
 2.霧

[2]チレア作曲
   オペラ「アドリアーナ・ルクヴルール」より
    アリア「甘い喜び、甘い責め苦を」

[3]マスカーニ作曲
   オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」より
    アリア「ママも知る通り」

[4]ヴェルディ作曲
   オペラ「トロヴァトーレ」より
    アリア「炎は燃えて」
    アリア「重い鎖に縛られて」


   〜 休憩 〜

第二部

[1]山田耕筰作曲
   歌曲集「AIYANの歌」より
   NOSKAI
   かきつばた
   AIYANの歌
   曼珠沙華
   きまぐれ

[2]橋本國彦作曲
   黴(カビ)
   舞




プロフィール

 塩崎めぐみ(しおさき めぐみ)Mezzo Soprano

 鳥取市鹿野町出身。鳥取大学農学部農林総合科学科卒業。武蔵野音楽大学大学院声楽専攻を首席で修了。新国立劇場オペラ研修所第11期生修了。平成23年度文化庁新進芸術家海外研修制度でベルリンへ留学。2012年 Opera Classica Europa 公演、ヴェルディ作曲オペラ『リゴレット』マッダレーナ役でドイツデビュー。更に同年、ロンドンSoho Theatre 公演オペラ”Finding Butterfly”(プッチーニ作曲 オペラ『蝶々夫人』より)スズキ役で出演。Pacific Music Festival 2014にて、R.シュトラウス作曲 オペラ『ナクソス島のアリアドネ』作曲家役で出演。声楽を西岡千秋、藤井文子、小畑朱実、エレーナ・オブラスツォア、トーマス・アレン各氏に師事。日本演奏連盟会員、二期会会員、鳥取オペラ協会会員。
 2015年10月、東京二期会オペラ劇場公演、R.シュトラウス作曲『ダナエの愛』アルクメーネ役で出演予定。

 ピアノ 兼田恵理子(かねだ えりこ)

  武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。新田恵理子、コッホ・幸子の各氏に師事。アザレアのまち音楽祭においては、アザレア室内オーケストラと共演の他、ソロリサイタル等で参加している。現在,後進の指導にあたるとともに、声楽、器楽の伴奏者として各地で演奏活動を行っている。倉吉市在住。